クッキーの賞味期限、保存方法はどうすればいい?

アイシングクッキー 講座(第10回)by CL.Kaleidoscope

  • HOME
  • 【第10回】クッキーの賞味期限、保存方法はどうすればいい?

こんにちは。

「無料!アイシングクッキー 講座」にお越しいただき、ありがとうございます。

「作って楽しい・贈って喜ばれるお菓子」アイシングクッキー 教室オーナーのRenaです。

 

今日は、誰も教えてくれない、「アイシングクッキー の賞味期限と保存方法」のお話です。

 

アイシングクッキー の保存方法


 

アイシングクッキー は、とても湿気に弱いお菓子です。

なので、湿度の高い場所に置いておくと、アイシングの状態が悪くなってしまいます。

また、クッキーの美味しさが落ちてきます。

アイシングクッキー を作った際は、必ず乾燥剤と共に空気に触れないように、密閉容器に入れて保存するようにしてください。

 

そして、アイシングクッキー を冷蔵庫に入れて保存ることはおすすめしません。

というのは、すぐ食べてもらえれば良いのですが、冷蔵庫から出したアイシングクッキーは、部屋との温度差で結露してしまい、アイシングの表面が湿ってしまうことがあります。

すると、アイシングが溶けたり、湿って質が悪くなってしまいます。

もし、冷蔵庫に入れて保管する場合は、冷蔵庫から出したらすぐにお召し上がりください!

ひんやりさくさくで、それはそれで美味しんですよ!

たまにクッキーを冷凍庫に入れて冷やして食べるという方もいます。

ひんやりして、クッキーの種類ではおすすめする場合もあるんですが、アイシングクッキー を冷凍庫で保存した場合も、冷凍庫から出したら、アイシングの質が悪くなる前に食べてくださいね。

 

 

クッキーの賞味期限について


 

クッキーの賞味期限は、クッキーを作る材料によって変わってきます。

市販のクッキーの賞味期限が長いのは、保存料や防腐剤が入っていることもあるかもしれませんが、基本的に腐りにくい材料で作っているので、賞味期限を長くすることができます。

例えば、バターの代わりに植物油脂を使ったりします。

バターが入ることで風味を良くしたり、食感を調整することができるのですが、賞味期限が短くなってしまいます。

バターの代わりに植物油脂を使うと賞味期限を長く設定できたり、コストを抑えることができますが、バターを使って作ったクッキーの風味は出せません。

販売側が陥るジレンマですね。

何を優先するかはお店ごとに違ってくるので、クッキーごとに賞味期限は変わってくるんです。

バターを使わなくても美味しくする方法だったり、食感を良くする方法はあります。

市販のクッキーは賞味期限を長くしつつ、食感もさることながら、美味しく作れちゃうんだからすごいですよね〜!

 

 

当サロンのクッキーは、主に小麦粉、砂糖、バター、アーモンドプードルを使って作っています。

なので、賞味期限は長くても1ヶ月以内で設定しています。

でも、是非とも早目に食べていただきたい!

それはなぜか?

先ほどもお伝えしましたが、乾燥剤を入れ、密閉したとしても、クッキーを作る材料、特にバターやアーモンドプードルは日を追うごとに酸化していき、味が変化してしまうからです。

賞味期限を長くするために、それらの材料を使わないで作ることもできるのですが、なるべく本物の味、風味が良い、美味しいクッキーにこだわって作っているので、なるべくなら早く食べていただきたいのです。

もちろん、賞味期限は開封前の状態で!というのが条件になります。

せっかく乾燥剤を入れ、酸化しにくい専用の袋に入れているのに、開封してしまったら、あっという間に湿気たり、酸化して味が落ちてしまいます。

食べかけのクッキーは、密封して保管し、早目に食べるようにしてくださいね。

 

コレ↓ は私が持っているクリップシーラですが、

 

 

 

 

 

 

今は袋を密閉するシーラーが100均でも買えるので、クッキーをプレゼントしたいな〜という方は購入してみるのも良いかもしれません。

シーラーで袋が止めてあるだけで、プレゼントされた方は「おぉ!売り物みたい!」と感動してくれますよ!

お店で売っているように個包装してみるだけで、美味しそう感もアップするような、そんな印象を受けることが多いです(笑)

よかったら試してみてくださいね。

 

 

まとめ


 

自分が作ったクッキーの賞味期限は自分で決めていいんです。

賞味期限に決まりはありません。

自分で食べてみて、美味しいと思える期間内で設定してもらうのが一番ですよ!

そして、きちんとした保存方法を知ったうえで、少しでも長く美味しいクッキーを楽しんでくださいね。

 

 

・クッキーの封を開けたら、早目に食べる

・クッキーを保存する際は、乾燥剤を入れて密封し、高温多湿の場所を避けて保存する

・アイシングクッキーを冷凍・冷蔵庫での保存は避ける。

・アイシングクッキーを冷凍・冷蔵庫で保管する際は、出したらすぐに食べる

・クッキーの賞味期限は、材料によって変わる

・酸化しやすい材料を使っているクッキーレシピは、賞味期限を短く設定する

 

 

いかがでしたか?

今回で「無料!アイシングクッキー 講座」は終了となります。

長い間、最後までお読みいただきありがとうございました。

長かったですよね〜!すみません。。(笑)

レッスンするなら、惜しみなくお伝えしたくなってしまって。。

 

アイシングクッキー についてお役に立てることはありましたか?

メール配信型の講座なら、思い立った時に読み返せるのも良いところかと思います。

10月いっぱいまでは公開していますので、気になったら再度読んでみてください。

質問や疑問などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

少しでも、クッキー作りが楽しく、上手に作れるようになることを祈っています。

 

 

最後に、LINE登録者限定特典のご案内です。

↓↓

<公式LINE登録者限定特典>
今回、「無料!アイシングクッキー講座」を受講され、レッスン予約をしてくださった方を対象に、

★特典1 
レッスン料 ¥1,000割引(1dayレッスンは除く)

★特典2 
コルネプレゼント

★特典3 
「無料!アイシングクッキー 講座」の感想を送ってくださった方には、Cookie Labが贈る 季節のクッキー をプレゼント

 

詳細は下記をご覧ください。

アイシングクッキー 基礎レッスン

アイシングのための素焼きクッキー・スペシャリスト養成講座 

お花絞り・アイシングフラワーレッスン

 

この特典は10月末をもちまして終了させていただきます。

10月末までにレッスン日程が合わない方は、ご相談ください。

個別に対応させていただきます。

 

 

「無料!アイシングクッキー 講座」に対する感想や質問・疑問など、いただけると嬉しいです。

CL.Kaleidoscope公式LINEより随時受け付けています。

よろしくお願いいたします。

 

 

全10回の「無料!アイシングクッキー 講座」に最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

心を込めて感謝いたします。

 

Cookie Lab Kaleidoscope(クッキーラボ・カレイドスコープ) オーナー 

Rena